マスト・バイアグラ

バイアグラの効能

バイアグラが媚薬であると言われる性的な刺激と違ったものであるので、性的な刺激があるならば、血は無条件でスポンジ状の体と垂直の意志へもたらされます。
神経が鋭かったために良好な状態で、直接より脊髄損傷のために血管に行うので、疲労が蓄える均一なもしもを、築きます。
たとえ再び糖尿病を患うとしても、脊髄損傷の患者で子供を見放して、影響を予想することができるようであるカップルに、子供が生まれた例があります。
そして、血管は狭くなります。
性交の1時間前にバイアグラを飲みます。
影響はおよそ4時間の間続くが、アルコールを飲むとき効果がない場合があります。
自然に、バイアグラを飲む時を築かないで、行為なしであなたに勃起を引き起こさせることを築きません。
性的な刺激がキャンセルされるならば、建設は解決されます。
バイアグラを飲むとき、そして、性的な刺激があります。
神経終末と内皮よりNO(一酸化窒素)を組み立てます。
そして、これはサイクリックGMPを増やします。
そして、海綿体ペニスの平滑筋細胞のCa(カルシウム)を還元して、線緩和を目覚めさせます。
そして、その結果、勃起は血流増加によってそれを置きます。
これに特有であるホスホジエステラーゼ(PDE)によって、落ち着いたサイクリックGMPは分解されます。
そして、勃起は溶解します。
6種類のホスホジエステラーゼがあります。
しかし、スポンジ状の体のホスホジエステラーゼに関しては、タイプ5は重要です。
そして、よりタイプ2(タイプ3)があると思われます。
バイアグラは、このタイプ5ホスホジエステラーゼの特定のリプレッサーです。
ところで、血管内皮に関しては、PDE2 .4に関しては、PDE1 .3、血小板、PDE2に関しては、脈管ものは筋細胞をなめらかにします。
3.5、海綿体ペニス平滑筋細胞は、PDE5(網膜)の上に、PDE6を持ちます。